ポーカーはスポーツ、それとも友人と楽しむための単なる楽しいゲーム?

この数年、人々はある重要な問いに対する答えを求めて議論を行ってきました。それは「ポーカーはスポーツなのか?」という問いです。

この問いに答えるに当たっての最大の問題は、賛成派と反対派の対立により、明確な答えを出すのが困難になっているということです。私としては、ポーカーがスポーツであるということを裏付ける主張の方が多いと考えています。

ポーカーをスポーツとみなすことで注目度は大きく高まり、多くの新規プレイヤーにとって新たな道が開かれるはずです。ですから、1人のプレイヤーの視点から考えるとこれは良いことで、業界の継続的な成長につながるのではないかと思います。 

ポーカーはスポーツなのかどのように定義する?

この議論において最も重要なことは、スポーツを定義するものは何かをはっきりさせることです。

バスケットボール、サッカー、テニス、アメリカンフットボールなど、数多くのスポーツはこの定義に問題なく当てはまります。バスケットボールがスポーツであることに異議を唱える人はいないでしょう。バスケットボールには、「スポーツ」という言葉から連想する全てが詰まっています。しかし、ポーカーをスポーツとみなすべきかを議論するにあたっては、より類似性の高い競技を探す必要があります。たとえばビリヤードであれば、優れた選手になるために特に力が強かったり高い反射神経を持っていたりする必要はありませんが、スポーツだと定義されています。

ビリヤードプレイヤーには優れた目と手の協調性が求められますが、この点はポーカープレイヤーにもある程度共通しています。

ポーカーは身体的要求が低いのか?

ポーカーをスポーツとみなすべきだという意見に対するよくある反論は、ポーカーには肉体的な消耗がほとんどないというものです。

家で友人とプレイするにしろカジノでプレイするにしろ、椅子に座って快適な姿勢で大半はチップを前に押し出すか、マウスのボタンをクリックしているだけだという主張です。

月に数回プレイする程度の初心者は、その場の雰囲気で行動を決めます。

単なる楽しみではなく生活を懸けてプレイしているベテランプレイヤーの場合は、大きく異なります。1日8~10時間も同じ姿勢で椅子に座り、このプレイに生活が懸かっているとなれば、居眠りしてしまう余裕などありません。

腰痛になると集中力が削がれ、肉体的にも精神的にも万全な状態でプレイに臨むことができなくなります。

それでもオフィス仕事のようなものだろうと言う人もいますが、そこには大きな違いがあります。普通のオフィスであれば、あなたのほんの些細なミスを狙っている同僚と戦いを繰り広げる必要などないでしょう。